頭の中をすっきりさせるマインドマップ

うつ病の症状の、焦ってなにもできないいう症状には
やりたいと思うことをすべて書き出してしまえば楽です。
具体的には紙でもPCでも(最初は紙の方が向いていると思う)頭の中にある物を書くだけ。

 

ブレインダンプ

その名の通り、脳(ブレイン)の中を出力(ダンプします)
嫌なことも嫌いなこともやらなければいけないこともとにかく紙にアウトプット。
時間を決めて、もう頭がすかすかになったと感じるくらいに出力します。
結構へとへとになりますが快い疲れになります。
詳細は本を読んでみてください。図書館で借りてでも良いので。

 

マインドマップ

もうひとつこちらもブレインダンプの一種ですが、
中心にメインのキーワードを配置し、そこから関連するキーワードやイメージを放射状に広げていく方法です。
中心からどんどん枝分かれして細かくなっていきます。

何にでも使えるマインドマップですが、考えてもいなかった、考えなければいけなかった深層心理の考えまで掘り起こせるのですっきりします。
自分が記憶喪失になっても、それを見ればやることが分かるくらいのものができると良いですが、
最初は「お金のこと」とか「仕事のこと」など小さい種別から始めると良いと思います。
(それでも時間を決めて限界まで出力すると、A3の紙全部埋まるくらいにはなります。)

こちらも図書館にあります。

あとパソコンでやるとすれば、freemindというソフトなら無料です。
ちょっと癖がありますが、慣れれば普通にマインドマップが書ける様になります。

 

 

うつ病特有のあれもやらなければこれもやらなければ何をしなければいけなかったんだっけ、
あーもうどうしよう。というのが軽減されます。今でも週に一度出力してます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ