冬季うつ病や光治療

起きられない。何をやっても起きられない

抑うつ状態にあると、朝~昼は気分が最悪で、夕方頃~夜中にかけて
だんだんと体調が良くなる、という症状になります。
なので、朝起きられないのは、努力や根性ではどうにもなりません。

電灯の様な明るければ良いという物ではなく、朝の日光を直接浴びることが一番大事だといいます。
目覚まし時計で起きられない時は、家族の協力で布団を剥ぐなどして、
できたら、朝のゴミ出しをするとか、ゴミ出しのない朝は玄関先の掃除をするとかすると日光浴として体に良いと思います。
それがたとえくもりの日でも日光浴としては充分です。

冬季うつ病治療器 ブライトライト

とはいえ、起きられないものは起きられません。どうしようもないものはどうしようもありませんからね。
そんなあなたのために最近では無理なく前向きな気持ちになれる療法として「光療法」というものがあります。
冬季うつ病の人向けの治療器「ブライトライトME+」という商品があります。

(ブライトライト⇒ブライトライトME⇒ブライトライトME+の三代目)

自分ではまだ購入していないので詳しいレビューはできないのですが、
検討した感じ良さそうとは感じました。ちょうど太陽を浴びたような気持ちよさがあるそうで。
依存性や副作用もなさそうで、病院にやカウンセリングに通うよりはるかに安く済むのは良いことですね。

再び外に出るのが病的にしんどくなったら考えます。
冬季うつ病治療ではなくても、もの凄いまぶしい目覚まし時計を思えばそれはそれで使えそうなんですけど。
社会復帰というか、朝起きるために使うことになりそうだといいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ