すぐテンパる病

すぐテンパる病?

うつ病の事を「すぐテンパる病」と揶揄して呼んでいる方もいるみたいですが、
確かに少しのことですぐ焦ります。テンパってしまいます。

何か言われた時、以前だったら切り返せた言葉が頭が真っ白になって何も返せません。
視界も心なしか白くなります。パニック症候群の軽いやつです。
落ち着いてやれば何事もなく出来ることも出来なくなってしまいます。

対応が苦手な人だなと思われるのは仕方ないですが、
度を超えていると思われると仕事の人間関係に差し支えます。

「ちょっと待ってください。これから薬飲んで15分後に話聞きます。」と言えればいいのですが、
そんな訳にもいかず。というかそれだけ話せれば普通に受け答えできてますよね。
そんな解決になっていない話は、置いておいて。

寛解していないから?

正直うつ病が寛解していない人はルーチンワーク、突発的な事象の少ない職場でないと持ちません。
原因は「人」でそれを受け流す力が足りていない状態が問題な訳です。
本当は受け流しちゃいけなくて立ち向かう事も自分の居場所を保持する為に必要な訳ですけど。

でも普通の会社は突発的事象が多かったりしますし、
IT関係は納期が厳しかったりしますし、
介護業界なんかは人相手ですからヒヤリ・ハット全開です。

無理をしない業種というのは相当限られますね。
だからこそ作業所があるわけですし。

そう考えると、結局病気のうちは受け流すのが一番楽な対処法かもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ