うつ病と天候・気圧

気圧の変化、そして荒む乗客

恒常的に外出する人ではないので、人ごとなのですが、
今年もありました、関東で雪。北海道だったらほぼ毎日のことなのですが、
外に出るうつ病の人は大変だろうなぁと人ごとながら思ってしまいました。
気圧の変化もありますが、バス・電車が遅れる、

そして混むと乗っている人の心が荒む。
そちらの方が精神的にきついです。

気温の急激な変化

いきなり最高気温22度とかも勘弁して欲しいです。そして次の日の予報は最高気温9度とか。
うつ病にかかる前は右足の古傷で天気が荒れるかどうか分かった物ですが、
今はそれよりも先に気分の沈みで分かったりします。
気圧の変化でめまい等の症状が出る人もいるでしょう。

自分もそうだったのですけども。

こういう方も

転職したての人がめまいで出社できなくなっていると、知人がぼやいていました。
話を聞いていると、あぁうつ復活組っぽいなぁと思ったので頑張って欲しい所。
精神安定剤の薬を飲んで、それでもダメだったら、おとなしく布団で寝ているしか無いですけど…。

三半規管の病気だったら、すぐに耳鼻科に行かなければいけないですけれど。

今日も寒い、昨日ほどではないけれど。寒いのは得意です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ