朝起きられない まくら編

朝起きられない まくら編

朝起きられないのは、寝具のせい

朝起きられないのは、寝具のせいではないかと勘ぐっていまして、
・まくらのせい
・ふとんのせい
・目覚まし時計のせい

いろいろ考えて実行してみましたが、
目覚まし時計のせいというのは一番最初に考えて、強力振動付き目覚ましを購入しましたが結局起きられませんでした。
この目覚ましについてもそのうち書くかもしれません。

次に考えたのはまくらのせい?という所。

首を矯正する事で、うつを直す方法というのもあるくらいなので新しい自分の頭に合う枕、いつか購入したいと思っていたんですが、なんかタイミングが合ってお試しをして購入をしたのでここに書いておきます。

購入記

近所のショッピングセンターのまくら試しベッドに寝っ転がっていろいろ試してみました。
当然カバーから出すわけにいけないので、カバーの素材がビニールが多いので全部つるつる、ごわごわしているんですけど。全部で15種類は試しました。
その中でいいのが2つあったのですよ。

800円のと16000円の。えー。

その途中の1000円や2000円4000円8000円があってなぜその両極端な二つなのか理解に苦しむんですが、
気持ちよかったのだから仕方が無いです。

その二つを何度も繰り返し比較して、結局価格が高い方に。

 

「MORIOTTE mocci」マリオット モッチ

CIMG1064

シリーズの中では、この商品はHPやパッケージを見ると熟睡美活と書いてあって女性用みたいなのですが、その店にMORIOTTEシリーズの他のまくらが無かったので比較できません。

おじさんでも美しくなるなら良しします。目的がそこじゃないのははっきりしてますけどね。

CIMG1063
首の高さが少し低めな様です。折角写真を一杯撮ったので貼っておきます。

CIMG1066

 

体験記

枕に頭を乗せた後に行っていた首の位置調整が必要なく、快適です。
寝返りもうちやすく、うつぶせになるのも安定します。
今までの枕では目が覚めたときは必ず仰向けでしたが、最近ではしばしばうつぶせの状態です。
カバーをかけない方が肌触りはよかったのですが、長く使いたかったので、家にあったカバーをつけて利用しています。
本当は専用カバーがあるのですが、カバーだけで4000円だったので妥協しました。黒いのは下敷きにした商品カバーです。

CIMG1070

 

×フワフワ、モコモコ
○モチモチ、クッタリ

まくら自体が重くてずれにくいです。

CIMG1067

枕の下に入れた携帯が鳴っても、案外聞こえます。枕の感触と音が通るのには関係があるのかな、と思います。

朝起きられないのは、睡眠の質のせいではないと断言できる気持ちよさです。
まったく最初の目的を果たしていません。

価格が高い枕は気持ち良く感じます。それこそ精神的な物もあるのでしょうけど。

朝は起きられませんが、睡眠の質は良くなった気がします。
参考までに楽天のリンクを張っておきます

マリオット 枕 MARIOTTE(R)「睡眠の美習慣」を追求した枕mocciマリオット 枕【送料無料】

 

 

枕を変えてみようかと思われている方は、楽天や他のサイトで「枕お試しセット」というのが何点かあったので、それを試してみるのもいいかもしれませんね。
(というか自分も最初それを使って色々試してみようと思っていました。)

他にもいくつかありますね。以前はそんなに無かったと思いますが、需要があるんでしょうね。

前の記事(Previous)
OD: オーバードース
次の記事(Next)
うつ病と診断書

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ