うつ病とうつ状態と抑うつ状態の違い

うつ状態と抑うつ状態って何が違うの?

結論から申して違いは無いようです。
「抑うつ状態」は「うつ状態」ともいい、文字通り「抑うつ気分」がある「状態」です。

「抑うつ状態」が現れる病気には、色々あります。

「気分障害」に含まれる「うつ病性障害」、「双極性障害」が代表的な病気ですが、

その他の病気として

・不安障害

・適応障害

・統合失調症

・人格障害

・解離性障害

などがあります。

抑うつ状態?それってうつ病とは何が違うの?

「抑うつ状態」であることは確かなのですが、医学的な病名としてまだ病名を特定することができない場合に「抑うつ状態」ということが多い様です。

分かり易く言ってしまうと「うつ病」は病名で、「抑うつ状態」とは、うつの状態で気分が沈み意欲がなく、不安で絶望的になって憂鬱な精神状態の事です。

うつ状態?それってうつ病とは何が違うの?

うつ状態とは、

・気分が落ち込んでいて

・意欲や関心が喪失していて

・疲れが取れず

・考え方が後ろ向きになっている

といったメンタルの力が下がっている状態を指します。
これだけをみると、うつ病とどこが差があるのか掴みづらいですが、うつ状態はあくまで「状態」であり、「病名」ではないのです。

うつ病は、「うつ病という疾患」が原因でうつ状態になっています。
また、うつ病は診断基準上、少なくとも2週間以上うつ症状が持続し、その症状によって日常生活・社会生活に支障をきたしていることも条件です。

うつ状態は、上記のようなメンタルの力が低下している症状が出てきている状態を指します。
診断基準は無いので、何週間以上続いている必要があるとかや、症状が何個以上ないといけないとかのはっきりとした決まりはありません。

ですので、「うつ状態」だから、必ず「うつ病」であるとは言えないということがおわかりになるかと思います。

「仕事で大きな失敗をした」「志望の大学に落ちた」「恋人と別れた」「配偶者と死別した」という事などがあれば、人は誰でも落ち込み、やる気がなくなってしまいます。これは当然の反応です。
つらい話があって落ち込んだ経験は誰にでもあると思いますが、これらも広く考えれば「うつ状態」に該当します。

最後に

世間では「抑うつ状態」が現れる病気をすべて「うつ病」と呼んでしまっていることもありますので、注意が必要です。
正確には「うつ病」という正式な病名はありません。厳密には「大うつ病」を意味します。
っていう話もあるのですが、自分の障害年金の診断書「うつ病 F33」って記載してあるんですよね。何が本当なのだろ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ