メイラックス錠(ロフラゼプ酸エチル)

メイラックス錠・スカルナーゼ・ロフラゼプ酸エチル

以前、メイラックスのジェネリック「ロフラゼプ酸エチル」はスカルナーゼという名前だったのですが、未だにスカルナーゼをお守り代わりに持っている知人がいます。

その人が一番辛いときに助けて貰ったのがスカルナーゼだからという事です。

でも実際、飲んでいるのはロフラゼプ酸エチル(笑)
そのお守りはいつまで服用できるのでしょうか。

別件ですが自分の財布の小銭入れにスカルナーゼの包装ごと入れていたのですが、小銭が擦れるのか、しばらく日が経つと包装の中で粉々になりました。
飲みづらかったです。

つらい時はすぎにメイラックス服用

薬を水なしで飲むのはのどに詰まるとかのいろいろ理由があって薦められませんが、

メイラックスは割と水なしでも飲みやすい薬だと思います。

満員電車でこれはまずいとおもったらいかに早く飲むかが勝負なので「ごくっ」。

電車を降りてからジュースを自販機などで買って飲んでいます。

まずいというのは、

・音が反響して聞こえたり、

・皆に見られている気がしたり

抽象的ですが「あぁこれは深い水底に落ちていきそう」な感じがしたときです。

メイラックスの依存

メイラックスは主治医には副作用の少なく依存性の少ない安全な薬と言われていますが、
ネットでいろいろ調べてみるとやはりいろんな意見があり、

「依存」がやはり一番多く指摘されています。

あとメイラックスだけではなくすべてのベンゾジアゼピン系で指摘されるのが「耐性」です。
徐々に薬の効き目が悪くなってきて、その薬を手放せられなくなります。

メイラックスの依存は少ない部類に入りますが、そうなる可能性はあるため

必ず主治医に処方された量内の服薬にする事がとても大切です。

自分の服用量

ですが自分の場合、量守っていません。
頓服で毎日出ているのですが、外出しない様なときはできるだけ飲まない様にしています。
(もちろん主治医に相談してから実行しています。)

これは風邪の症状かな?うつの症状かな?と思う様なときは飲んだりしますが、
基本的には
・人混みに出るとき
・人前に出るとき
・初めての所に行くとき(迷って焦ったりするので)
位にしています。
ちなみに病院に行くときは飲みます。「人混み」で「人前」なので。

具体的に飲んでいるペースで言うと、1週間に1錠位なんではないかと思います。
なので服用したとき効き目がとても良いです。

メイラックスの効き目が悪くなってきたと思うときは、主治医に相談して、
飲まなくても良いと感じた時は飲まなくてもいいですか?と聞いてみると良いのではないかと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ