うつ病、眠れないのが一番つらい

眠れないのが一番つらい

うつ病を患らっている方の、ほとんどの方に不眠症状などの睡眠の障害が出ます。
不眠単体でも、うつ病より患っている人が多いし、というかむしろうつ病の入り口だったりする事が多いですが、
うつ病を取り巻く、動けない・やる気が出ないといったつらい日々を過ごしているのに、さらに眠ることもできません。
本当につらい事です。
「眠れないのが一番つらい」

このような声を、患者さんから本当に良く聞くそうです。

 

療養中でも不眠はつらい

自分も主治医に不眠を訴えて、薬を処方してもらっている訳ですが、
一般的な不眠というと、夜中なかなか寝付けなくて明け方にうとうと。代わりに日中は眠たくてつらい。
日常生活に支障が出る。というものだと思うのですけど。

療養中で働いたり学校に行かない場合は
夜中寝られなくても、いつしか寝ていたりしますが、
周りからみると納得いかなかったらしいです。「生活リズムが狂っているだけじゃないの?」と言われました。
実際自分が不眠になって生活リズムがぐちゃぐちゃになった時は本当につらかった。
なので寝ようと思った時に寝られる薬が必要なわけですけど、以外と効かなかったりする。

 

不眠で過眠

質が良くなくて眠りが浅くてしかも時間も細切れで…
(これに頻尿とかが合わさるとどうしようもなく眠い)
というか端から見ると、不眠で過眠という一見矛盾する症状なのですけど、
寝られない。で起きられない。

 

終わりに

うつ病や自律神経失調症が体のストッパーだとしたら、不眠は体の何を訴えているのでしょうか?

前の記事(Previous)
うつ病とブレーカー
次の記事(Next)
心療内科と精神科の違い

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ