うつ病への金銭支援の期間について思うこと

傷病手当金の1年6ヶ月

障害年金なんて傷病手当金があるから必要ないよという方もいらっしゃるかと想いますが、自分の傷病手当金時代は、あっという間に通り過ぎました。
1年半だったのですけども、本当に何もできずに病気のまま夢うつつのまま通り過ぎた感じです。

後に障害年金の申請をする場合、初診から1年6ヶ月後の診断書が必要なのは前に書きました、この1年6ヶ月。

以外とくせ者ではないかと思うわけですよ。

1年6ヶ月って会社に復職しなければいけないから主治医に、病状を我慢をして働ける診断書を書いてもらう頃じゃ無いかなと思います。
自分の場合、実際は初診のあとから休職に入る迄に3~4ヶ月間のラグがあったので
そうであれば、「まぁ良くなってきました」と主治医に言う頃でしょうか。

まもなく傷病手当金が終わってしまいますから、復帰準備です。

早く治りたい。早く復職したい。早く元の生活に戻りたい。という気持ちは大事なのですが、あまりそれに縛られると、何度も休職を繰り返したりします。
さらに今日の話の、初診から1年6ヶ月目に無理して軽い症状を言っていたりという事が無いだけでも、病気が長期化する人が減ったりし、障害年金の遡及分という金銭的支援を受給出来てきちんとうつ病を治せたりするんじゃないかと思っています。

 

障害年金申請の7ヶ月

(自分の場合で7ヶ月。きっと最短でも3ヶ月。もっと長い人の声もネットにありました。)

申請を提出してから、3ヶ月間音沙汰無し、3ヶ月目に「審査が遅れています」連絡。
その後4ヶ月音沙汰無しで障害年金証書が晴れて(嬉しくない結果でしたが)届いた訳なのですが、この期間って皆さんどうしているんでしょう。
審査に時間がかかるのは仕方ないと思うのです。
ただ見込み送付期日とかをあいまいでもいいので教えて欲しかったです。
2ヶ月目くらいから、郵便屋さんのバイクの音がすると「どきっ」としていましたからね。
まったく無駄な「どきっ」でした(笑)。

でもきっとこの問題もインターネット申請とかができる様になったら、
今どのような状態かが確認できる様になるんでしょうね。

あと障害年金に関する期間と言えば、更新時期。
うつ病は、2年に1度の診断書が必要となります。
更新申請をしたあとも、音沙汰無くしばらく経ってから年金額改定通知著がぽんと届いた気がします。
(ここに関してはうろ覚えなので、再度確認したら更新するかもしれません)

不支給になったらどうしよう。等級落ちしたらどうしようとやっぱりやきもきした期間が結構長かった気がします。
同じく審査されるので時間がかかるのは、これまた仕方ないと思うのですけど。
同じ事の繰り返しになるのでこの辺で止めておきます。

 

前の記事(Previous)
うつ病と特別障害者手当
次の記事(Next)
生計維持確認届

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ