転職 そして 休職の末 退職

a0150_000188
転職活動もうまく進み、面接をしてもらえることになり
人間関係で疲弊しそうな派遣ではなく、本社内一カ所で作業できるのであれば
転職してもいいと伝え、先方もその旨了解してくれたので、転職しました。

ですが、実際会社に入ってみると派遣形態ばかり提案され
もう戻るところが無い自分は、仕方なくその派遣形態の1つを選びました。
パワハラっぽかったです。

ですがまだこのときはうつ病を何とか隠せていました。

最初は調子良かったのですが、面接時に話した内容と違う勤務体系だったり、
パワハラっぽい言動をされたり
出向先で長期プロジェクトに入っているのに、
派遣元との意見の食い違いで再び病み始めました。

出向先の人たちはとても良くしてくれ、日々の業務にやりがいを感じて頑張っていました。
なのに派遣元の言っていることはよく分かりません。

「なんだ、こいつら、なんで俺の足を引っ張っているんだ?
自分が悪いのか……そうなのか?」適切では無い自戒の念が溢れはじめ

そこからは堰を切ったように

どんどん自分に自信が持てなくなり……

強く意見する人に対抗できなくなり……

出向先の産業医の検診を受け、
出勤時間を13時に遅くしてもらったり、
出勤日を月水金の3回にしてもらったり、

転職先でもいろいろ融通してもらいましたが、
病状は悪くなるばかり。

傷病手当金は

・保険組合が違っても
・前回の手当金から時間が空いても

二度目はもらえないと知ったのもこの頃でした。

休職も少ししましたが、休職すると会社負担の健康保険代・住民税などが
本人負担になってしまうため毎月5万以上の請求書が会社から届きました。

そして休職し続ける事も出来なくなり、結局退職してしまいました。

蓄えは全くありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ