うつの思考10パターン(NTT東日本関東病院テキストから)

(1)全か無か思考(完全主義)
完全な成功でないと満足できない。少しでもミスがあると「すべて失敗」と思い込み
全否定する。

(2)こころの色眼鏡(選択的注目)
良い面は視野に入らず、悪い面だけを見てしまう。

(3)拡大解釈と過小評価
自分の欠点や失敗を過大にとらえる一方で、自分の長所や成功をいつも
「取るに足らないこと」と思ってしまう。

(4)結論の飛躍(恣意的推論)
「きっと~にちがいない。」と根拠に基づかず悲観的な結論を出す。

(5)過度の一般化
一つの失敗や嫌な出来事だけを根拠に「何をやっても同じだ」と結論づけたり、
この先もずっとそのことが起きると考えてしまう。

(6)自分自身への関連づけ(個人化)
問題が起きた時、様々な理由があるにもかかわらず
「すべて自分のせいでこうなってしまった」と考えてしまう。

(7)○○すべき思考
何かする時に「○○すべきだ」「○○しなくてはならない」と必要以上に自分に
プレッシャーをかけてしまう。

(8)レッテルはり
ミスをした時に冷静に理由を考えず「ダメ人間」「怠け者」など否定的なレッテルを
はってしまう。

(9)感情的な決め付け
自分の感情を根拠にして物事を判断してしまう。

(10)マイナス思考
なんでもないことやどちらかといえば良いことなのに、悪くすり替えて、
マイナスに考えてしまう。

全部あてはまらなければ「うつ」という訳ではなく、
こういう傾向があるという位で覚えておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ