自殺と保険

自殺と保険

自殺免責3年が現在の保険会社の規定です。(過去は1年・2年の時代もあった)
故に加入後3年を過ぎれば自殺でも保険金は出ます。
しかし契約時の告知で、うつ病や精神科への通院歴があったにもかかわらずそれを告知せず加入した場合、告知義務違反に該当するとして保険金の支払いはありません。
自殺以外の病気でお亡くなりになった場合は、もちろん死亡保険金は出ます。

 

うつ病でも入れる保険

「他の病気だけでも保障して欲しい!」そう思う時もあるでしょう。
最近ではうつ病でも入れる保険というのを各社で用意しています。
うつ病界隈の有名どころ(?)では、エイ・ワン少額短期保険株式会社の「エブリワン」でしょうか。
指定疾病不担保制度を利用して加入できる保険です。
他にも
メットライフアリコ「ずっとあなたと」(入院をしていない場合は申し込み可能)
やさらにアフラック・チューリッヒ生命等もあります。

保険の無料相談をお勧めします。

自分の場合、うつ病が酷くて保険代を払えない状態で相談したら、重複した保険の解約を薦められました。
必要な物は加入、不必要な物は解約。不必要だけどお宝保険(金利が高い)などは老後の資金にという話でした。

なんでもかんでも加入させられる訳ではないので無料相談してみるといいでしょう。
面談が面倒くさいと思うでしょうが、その労力の甲斐はありました。
毎月支払う物ですからね。生活レベルを下げないと。

病気などに対してでも保険が入れなかった時代から考えるととてもうつ病に優しくなったと思います。

>>みんなの生命保険アドバイザー

>>保険の選択

>>保険相談Navi

自分に合うFPさんと出会えるといいですね。

前の記事(Previous)
心療内科と精神科の違い
次の記事(Next)
うつ病と社会復帰

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ