うつ病で生活保護

生活保護の相談に区役所に行ったこともありました。

精神障害者手帳と障害年金2級の証書を持参していたからかもしれませんが、
世間の噂ほど、窓口で断る定で話されはしませんでした。

窓口で追い返されたりという感じもなく親身になって話を聞いてくれました。

ポーズなのかもしれないが、こちらが説明をしていると、泣きそうな顔で聞いてくれた
お姉さん。人によるのかもしれませんね。

親族に扶養確認が行くというデメリットと、あとてきぱきと貰える予定の額まで教えてくださいました。
生活保護申し込まれますか?との質問に、「少し考えます。」と答えて帰ってまいりました。

「うつ病で療養中」と会う機会のある親族には普通に話しているものの、
やはり「扶養できませんか」の手紙が行くのは避けたい。

結局、障害年金の受給額とあまり変わらない事で申請はしませんでしたが、
妻と離婚して、母子家庭と障害者独身になった方が生活保護の総額が多くなるのは
何ででしょうね。

不正受給というか偽装離婚が無くならない訳だと感じました。
(最近では監視も少し厳しくなっているみたいですが)

あと、親族全てが生活保護だと気兼ねなく申請出来てしまうんだろうなと考えたりもしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ