傷病手当金

会社員で、うつを発症して最初にお世話になるのが、この傷病手当金
給料の60%分支給されるという優れもの。

最初「給料の60%?生活出来ないよ」と思いましたが、
ここで生活レベルを落とすべき、せめて準備をするべきです。

このまま悪い方に進んでいくと、さらに少ない金額で暮らしていかなければならなくなります。

ただ傷病手当金は、最初から1年6ヶ月の間しか受給できません。
3ヶ月休んで受給、6ヶ月働いて再発したとしても、あと9ヶ月しか受給出来ません。
仮にそこから再度6ヶ月休んで、再度3ヶ月働いたら、もう制度はおしまいです。

休みたくないとは思いますし、本当にそれがいいか悪いか分からないですが、
1年6ヶ月しっかり休んで、しっかり治す方が後々のことを考えるとお得です。

同じ症例では、二度と傷病手当金を受け取れない

また転職したりして、そして社会保険の組合が変わっても、同じ症例では、二度と傷病手当金を受け取る事はできないです。

たとえ何年間が空いていようとも。

転職先の会社で、傷病手当金制度使用を勧められたのですが、一度受けていたので、当然のことながら使用できませんでした。
しかも1度目の傷病手当金を受給している事もばれてしまい、踏んだり蹴ったりでした。

これはちょっと馬鹿な状況だったのですが、最初から二回受給出来ないことを知っていれば手続きしようと思わなかった事を考えれば、ちょっとはまった事項だなと感じましたので記載しておきます。
あなたが、二回使うような状況にならないことをお祈りしています。

※こちらに書いた方法は、私の経験談ですが、
思う違いをしている、もしくは既に制度が変わっているなどの場合がありますので、
利用される場合は、関係窓口にご確認の程お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ