肝心のうつ病が良くならない中、DVDとの出会い

無事障害年金を受給する事になったわけですが、
メインのうつ病の状態は酷い物でした。

生きているのか死んでいるのか、起きているのか寝ているのか
よく分からない状態で手続きをしていましたので。

ここに来るまで、いろんな物を失いましたし、いろんな知識を手に入れました。
でも肝心のうつ病はよくならないまま。
だからこそ障害年金2級を受給出来たわけですけど。
幻覚・幻聴の症状が少しずつ弱まってきたというか頻度が減っていましたが、
仕事も探すこともできず、
外出は気持ち悪くなり、やはりつらく、
ほぼ引きこもりの生活をしていました。

a1180_015091

そんな時、元同僚から連絡があったのです。
「いいDVDがあるんだけど見てみない?」

作った話に聞こえると思うのですが、
元同僚は商品の研究の為購入していたDVDを
自分に勧めてくれたのです。
元同僚は割りと気が置けない間柄の人だったので、
掃除の出来ていない汚れた家に入ってもらって、
一緒にDVDを見ました。

ノートに引っかかった言葉を書き出しながら。

なんと気付きの多いことか。

そのDVDについては宣伝っぽくなってしまうので興味のある方だけ見てください

実際心が救われました。
今でもたまにそのときノートのメモしたページを見返したりします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ